人を不快にさせないための汗の工夫

汗臭い、というのは良い表現で使われることもありますが、基本的にはまったくよくないことが多いです。
ある程度の汗はそこまで気にしないこともあるでしょうが、問題はワキガです。これは汗臭いとかそうしたことを超越しています。

 

様々な臭いの表現が使われていますが、得てして不快感がある臭い、とされています。
人を不快にさせないようにすることがいくつかあります。まず、ワキガであることは仕方ないです。生まれつきである部分が大きいですから、それ自体は変えることは不可能です。

 

ワキガのポイントというのは、雑菌にあります。アポクリン腺から出る汗が原因ではありますが、そこからの汗を雑菌が分解するからこそ、臭いが生じているわけです。
つまりは、方法としては対策には二通りあります。その一つは、汗自体の性質を少しでも良い方向に持って行くことです。もう一つは、雑菌を少しでも多く死滅させることです。

 

そうすれば安心して生活ができるようになります。但し、体質自体を変えることは不可能になりますから、多少の改善程度、という認識はしておくべきです。それでも十分にメリットはありますし、ワキガを抑え込むことは可能です。改善でも抑制でもやれることは何でもしましょう。

 

ワキガの要因を知ること

 

ワキガには三つの要因があります。この三つをすべて、とはいいませんが、二つでも駆逐しますとかなり安定して臭いを発生させないようにすることができます。具体的にどうするのか、といいますとこれはまずは腋を清潔に保つことです。つまりは、エタノールなどが染み込んでいるティッシュ、殺菌用の布などで拭くことです。これにより、ワキガの原因の一つとなっている雑菌の繁殖、と言うのを防ぐことができるようになります。

 

更にもう一つの対応として、汗自体が混じり合わないように制汗スプレーなどをして、すぐに乾かす、という手があります。そして、最後が煙草やアルコールを控えることです。

 

煙草やアルコールなんて意味があるのか、と思うかもしれませんが、実はこれが相当に意味があります。具体的にいいますと血中の汚れになるからです。これが汗として排出されることになり、そして、その臭いがワキガの一つの原因になっているからです。

 

その為にはワキガの対策の一つに禁煙というのがあるわけです。意識していない人が途轍もなく多いわけですから、それでもこれで少しだけでも体の臭いを良い方向に持って行くことができるようになります。

 

禁煙をして、腋をよく拭き、スプレーなどで汗を乾かすことです。